リバウンドの仕組み・防ぐ方法について

MENU

リバウンド

ダイエットにおいて最も恐ろしい事のひとつが、『リバウンド』です。

 

これによって精神的にも肉体的にも大ダメージを受けた人も多いはずです。

 

では、なぜリバウンドが起きてしまうのか、これを防ぐためにはどうすればようのか見てみましょう。

 

 

 

まずはリバウンドの仕組みについて見ていきましょう。

 

リバウンドとは、一度減少した体重・脂肪が元に戻ってしまったり、それ以上になってしまったことをいいます。

 

これの原因となっているのは『ホメオスタシス』。

 

ホメオスタシスとは、生物がもつ重要な機能のひとつで、あらゆる環境・状況下においても生命を守ろうとする機能です。

 

人間が生きていくために欠かせないホメオスタシスですが、ダイエットにとっては少しやっかいな存在となってしまっているのです。

 

ダイエットをしていると、食事量・運動量に変化が出てきます。

 

少ない食事に激しい運動で体重が減少するのですが、身体はこれを生命の危機だと勘違いしてしまいます。

 

するとホメオスタシスの出番というわけです。

 

こうなってしまうと、少量の食事でも栄養が全て吸収され、いわゆる”太りやすい”体質になってしまうのです。

 

そしてこの時期が、いわゆる『停滞期』と呼ばれている時期です。

 

この時期にダイエットを中止してしまうと、思いがけないリバウンドにあってしまうのです。

 

体はもちろん、精神的にとてもダメージを受けます。

 

 

 

それでは、どのようにしてリバウンドを防げばよいでしょうか?

 

方法の1つとして、急激に体重を変化させないことがあります。

 

目安としては1ヶ月に5%以上の変化をさせてはいけません。

 

ホメオスタシスは、身体の急激な変化によって働き出しますので、これを避けることができます。

 

急激なダイエットは、思っているよりも身体に負担をかけることになります。

 

ゆったりとしたダイエット計画を建て、焦らずに体重を落としていきましょう。

 

また、もし停滞期(ホメオスタシスが働いているとき)がきても、ダイエットは中止することなく続けましょう。

 

これが、リバウンドを防ぐ基本的な対処法となります。