ダイエット中に水分摂取が及ぼす効果

MENU

水分の摂取

 

ダイエットには『1日2リットル以上の水を取れ』とか『水を飲み過ぎると水太りする』といった矛盾した考えが流れています。
どちらが正しくてどちらが間違っているのか?
もしくはどちらとも間違えではないのか・・・?
今回はダイエットと水分の摂取についてみていきたいと思います。

 

人間の身体の約6~7割が水分だと言われています。
もう少し詳しく言うと、若い頃は水分量が多く、歳をとるとともに減少していきます。
それでも、お年寄りで50%の水分量ですから、成人でおよそ7~6割となります。

 

そして、人間は常に水分を体外へ放出しています。
排尿・排便や発汗などはもちろんですが、目に見えない・感じられないほど微量の水分(汗)を常に放出しているのです。
そして、それら全ての合計が、1日約2リットルです。
つまり、何もしなくても1日2リットルは必ず奪われてしまうのです。
もちろん、それを補うために水分補給が必要です。

 

それでは、この2リットルを超える水分を摂取すると、その水分はどうなってしまうのでしょうか?
答えはずばり、『おしっこになる』です。
人間の体は複雑かつシンプルな仕組みです。
取りすぎた水分は、単純におしっことなって排出されていくのです。

 

ここで、水を多く飲むとダイエットになるという理論です。
たくさん水を飲むと、たくさん排尿します。
そうすることで、尿と共に身体に必要のない成分が体外に排出されていくということなんですね。
身体に必要ないものはどんどん外に出して、身体をクリーンにしようということなんです。
新陳代謝を良くする、デトックス、のような効果が期待されているわけです。

 

特にこの方法を行う場合は、硬度の高い水を使用することがおすすめです。
硬度はph(ペーハー)で表記されています。
日本で多く使用されている水は、硬度の低い軟水です。
クセがなく飲みやすいので、料理向きの水とも言われています。
一方、硬度の高い硬水は、クセが強くて飲めるようになるまでに時間がかかるかもしれません。
ただし、水に含まれるミネラル分がとても高く、身体に良い成分がたくさん入っています。
ヨーロッパでは硬水が良く飲まれています。
硬水として最も有名な『コントレックス』の原産国はフランスです。
フランスでは水と健康を深い関わりで考えている風潮があり、皮膚病の処方に温泉水が用いられたりもしています。

 

ダイエット効果もさながら、健康のためにも質の良い水分の補給は大切と言えます。